華麗なるギャツビー

のレオナルド・ディカプリオ主演版を鑑賞。 原作小説を随分昔読んだ記憶がある。 女はともかくとして「男の恋心」ってどんなものなんだか自分にはサッパリ分からない。 貧困層出身のギャツビーは、上流階級の女デイジーと知り合い「やっぱいいとこの娘は違う…

苦悩の日々 ②

今日も、辛い一日だった。 昼間「パパはニュースキャスター 帰ってきた鏡竜太郎スペシャル」を観た。 この作品の頃の田村正和は、50手前位かな。 「パパとなっちゃん」とか古畑任三郎が始まったのと同時期だと思う。 おっさんなのに太っておらずスマートで相…

苦悩の日々。

昔っから特に何もしていないのに、妙に疲労感が強かったりするところがあって どうしてなんだろう・・・と思っていたら恐らく「定型発達」の人達と違って とにかく「過去の嫌な事柄」が反芻して、別に何もしていないし現段階で悪い出来事 が起こっている訳で…

ラスト・ムービースター

バート・レイノルズの遺作である「ラスト・ムービースター」を観た。 今は落ちぶれたかつての大スターヴィック・エドワーズという彼自身を思わせる人物に バート・レイノルズが扮したロードムービー。 このお爺さん(バート・レイノルズ演ずるヴィック・エド…

映画「墨東綺譚」

小説「墨東綺譚」の元になった遊女お雪と永井荷風の恋愛を軸にした永井荷風の半生を映画化した作品。 10代の頃深夜のテレビかなんかで観た覚えがあり再見。 女を渡り歩くものの自由を好む独身主義者の永井荷風を津川雅彦が演じている。 お雪は最後まで、懇意…

乞食の言動。

中絶する際検査費用の一万円を半々出した(自分が5000円出して乞食が5000円) 「出す」と言っても「後で返せ」という言い方。 つまり「一銭も出すつもりはない」のに一旦5000円出す事によって 「ほーらいい男だろ・・・こんな人間(自分に対してずーっとこの…

疲れた・・・。

今月頑張って「就労移行事業所」へ通えばWordのMOSSの資格試験を受けられるかもしれない。 「勝手にしやがれ」「ダウンタウン物語」「つぐみ」をU-Nextで観た。 「勝手にしやがれ」は、もっと難解かと思ったらそうでもなくストーリー自体はシンプルで自転車…

自己愛性人格障害からの被害に関して自分がこのブログに於いて記している事を裏付けるサイト。

自己愛性人格障害の人が被害者ぶることも 自己愛性人格障害の人はターゲットにした人を貶める為に被害者ぶる事があります。また他人の言動に過敏に反応して被害妄想を抱き、攻撃的になる場合もあります。 被害者だと思っていたら加害者だった 自己愛性人格障…

2012年に間違って「乞食を助けて」しまった。

2012年「住む家もない」乞食を救ってしまった。 その乞食は、自分の自宅に上がり込む前「格安のシェアハウス」に入居していて そこを退去する際家主の言い分の方が正しいのに「病気の症状」から(自己愛性人格障害)「100%自分が正しい」と警察を呼んで「ミ…

廃人の日曜日

朝散歩をすると体内時計がリセットされて寝起きがスッキリすると「発達障害関係の動画」で言っていたので朝特に用事もなかったがファミリーマートに行った。 昼間も外出しないと又、過去の嫌な出来事を反芻すると思ってマクドナルドとBookoffに行った。 「「…

廃人の日常

先日弟がメモリ増設済みのノートパソコンをくれたので、それで書いている。 一万円台の中古ノートバソコンを楽天やAmazonで何度か購入したけれど、どれも駄目で返品した。 今日は、市ヶ谷に所用があり行き疲労した。 明日は、就労移行事業所と池袋に所用があ…

廃人日記in2021年9月

近所の内科でワクチン接種した。 自分のFacebookの「お友達」はワクチンに否定的な人が多いけれど・・・。 Amazonで「ライト」を購入した、これで体内時計をリセットしたり抑うつに多少効くと良いけれど・・・。 就労移行事業所の帰路は「練馬高野台」で下車…

ジュディーのいた日々。

ジュディーが亡くなってから二年経過した。 2007年に撮った画像だから14年前・・・。 綺麗で優しい猫だった。 今一緒に暮らしているちょこちゃん↓ 明日は、コロナワクチンを接種する。

シアーシャ・ローナンは「ロマーヌ・ボーランジェ」に似ている!

「私は生きていける」はシアーシャ・ローナン主演のイギリス映画。 観ている間「誰かに似ている・・・」と思ったけれど若い頃のロマーヌ・ボーランジェにローナンちゃんは似ている、と思う。 突如第三次世界大戦が勃発したイギリスを舞台に複雑な家庭環境で…

廃人の日曜日。

レオネットの回線が糞回線なので、他社と契約してそこのWi-Fiルーターが今日届いた。 しかし、結論から言うと他社のWi-Fiルーターを接続してもそれ程変化はなく 月額利用料金が高くなってしまうので、やはり辞めて又、検討するしかない。 無線を有線にする…

カンバセーション…盗聴…「パパはニュースキャスター」

「カンバセーション…盗聴…」はフランシス・フォード・コッポラ監督による1974年製作のアメリカ映画。 盗聴屋ハリー(ジーン・ハックマン)は、不倫カップルの盗聴を依頼されるが盗聴した録音に殺人を示唆する内容があった事から事件に自ら巻き込まれて行く。…

廃人日記。

酷く暑く辟易するが、日中は先日購入したノートパソコンがメモリ不足で動画の映像がカクカクと止まるので返品した。 夕方は、図書館へ行き 「崩壊を加速させよ」宮台真司著 「見るレッスン 映画史特別講座」蓮見重彦著 の二冊を借りてきた、kindleアンリミテ…

近況。

画面カクカクが酷くって映画が観れない。 購入したばかりの中古ノートパソコンとタブレット両方共画面がカクカクと止まる。 レオネットは辞める予定。 ジュディーが亡くなってから二年経過した。 10年近く前「自己愛性人格障害」の人と関わってタゲとして「…

疲れた。

レオネットを利用しているのだけれど怒りを感じる位の「糞回線」でこれだったら 「100円」でも高い、動画もまともに見れない位酷い。 安かったのと支払い方法が容易だった為に利用していたけれど、もう無理。 今日は、日中掃除をしていた。 部屋が散らかって…

ワーキングメモリ「スーサイドスクワッド」「婚約者の友人」

よく知らないけれど、バットマンシリーズの外伝みたいなもんなのかな。 目には目を、悪には悪をみたいな。 金に汚い殺人鬼の割には、ウィル・スミスが演じていた黒人男性はいい人そうだった。 マーゴット・ロビーという娘はすごく可愛いなぁと思う。 あまり…

反芻地獄

30代後半までいろんな病名をつけられて30代後半で始めて「発達障害」と言われたので 「発達障害とはなんなのか」割と最近まで知らなかった。 発達障害に関しての勉強の為「吉濱ツトム」という人のYouTube動画をよく観ている。 過去の嫌な出来事をやたらと思…

キアヌ・リーブス

90年代にキアヌ・リーブスが出演している「マイ・プライベート・アイダホ」と「ディアポロス/悪魔の扉」を観た。 あらすじ ポートランドで男娼をして暮らす青年、マイクとスコット。孤児として育ったマイク、ポートランド市長の息子であるスコット、生い立ち…

廃人な日々

ここ数日は、暑さが原因か怠い。 今日は、一日の大半を眠って過ごした、無為な日々である。 U-Nextで「モナリザスマイル」「リトル・ダンサー」「大誘拐」等を観るが感想を書く気にもならず。ちょこちゃんが近くに居るのでお腹に顔をうずめて所謂「猫吸い」…

近況・・・「鑑定士と顔のない依頼人」

眼球が乾燥して痛いので眼科で目薬を貰った。 ちょこちゃんの前の飼い主に画像添付メールを月一で送っている。 図書館へ行き 「評論家入門」小谷野敦著 「バカのための読書術」小谷野敦著 「いまこそ「社会主義」」池上彰 的場昭弘共著 「オールタイム・ベス…

「異人たちとの夏」「月とキャベツ」

この間観た「さびしんぼう」の監督大林宜彦監督作品。 「さびしんぼう」の方もノスタルジックな話なのに下ネタギャグが多いなぁ、と思ったらこの「異人たちとの夏」も中々激しい感じの風間杜夫と名取裕子のベットシーンがあった。中年脚本家原田が、若くして…

近況・・・「さよなら、退屈なレオニー」

この間作成したホームページのレンタルサーバーは有料だったのでお金を払わなかったらネット上から消えてしまった・・・。 ファイル自体は、あるのでその内再びアップロードすればいいと思う。 就労移行事業所には、なんとか通っていてWord、Excel、PowerPoi…

近況・・・「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

就労移行事業所へは相変わらず通所している。 数年前嫌な思いをして以降、元々「人間嫌い」だけれど益々それが酷くなってしまって 人と会話するのが苦痛なのだけれど。 就労移行事業所では、午後のプログラムがあって出るのも出ないのも利用者の勝手 なのだ…

「さびしんぼう」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」

「さびしんぼう」は小学生の頃「カリブ愛のシンフォニー」と同時上映で劇場で観たのを再見(30年以上ぶり) 「カリブ愛のシンフォニー」の100倍面白い、と当時思った記憶があるけれど再見したらそれ程でもなかった、余程「カリブ愛のシンフォニー」が酷かっ…

暑中お見舞い申し上げます。

とてつもなく暑く辛い。 明日は、家族と会うのでジュディーのお墓参り(埋めたところに行くだけ・・・) ができるかもしれない。 ちょこちゃんは、最近ヘソ天の回数も増えて日に日に自分を信頼してくれるようになっていると感じる。 過去の事で苦しんでいて…

リリィ・シュシュのすべて

数年ぶりにU-Nextで観た。 結論から言うとやっぱりこの作品は一回観れば充分かも・・・。 心の拠り所を「リリィ・シュシュ」という女性シンガーに求める男子中学生雄一を主役に据えて田園風景の地方都市を舞台に中学生たちの「虐め、援助交際、レイプ、自殺…